機械設計者の副業率が低い原因と副業を始める方法について

副業
この記事は約10分で読めます。

 管理人のタケです。この記事を読んで頂き、ありがとうございます。

この記事では、機械設計者が副業をしていない原因と始める方法について説明します。

この記事を読むことで、副業を始めるハードルって意外と低いということが分かります。副業を始めるきっかけになればうれしいです。

まずは、私たち機械設計者が、副業を行わない理由について挙げてみました。
みなさまもどれか当てはまるのではないでしょうか?

機械設計者が副業しない理由
  • 残業続きで時間がない
  • 副業するためのツールがない
  • 副業したいが、やり方が分からない
  • そもそも会社で副業が許可されていない

本記事では、以上の理由について考えていきたいと思います。
ただし、以下の留意点もチェックしておいてください

副業を始めることへの留意点
  • 本業に支障をきたさないこと。
  • なるべく本業のスキルアップになる副業を選ぶこと。
  • スキマ時間を作ってでも副業をやるべき。

 本ブログでは、本業を疎かにしてまで行うことはお勧めしません。
 また、どんな副業を選ぼうとも、副業で積んだキャリアは、視野の拡大、スキル、コミュニケーション力の向上など、あなたの本業でもプラスに働きます。
 このキャリアが、本業でのあなたの存在をオンリー1にし、会社に縛られないようになり、あなたの生活を豊かにします。もちろん、副業の報酬もあなたの生活を更に豊かにします。
 ゆえにスキマ時間を使ってほんの少しでも良いので副業を始めることをおすすめします。


残業続きで時間がない

 仕事の忙しさは人それぞれ。
 決めつけて説明することはできませんが、設計者の仕事については往々にして波があります。
 例えば図面の納品日程の1か月前や、期限内に解決しなければいけないトラブルがある時などは考えられないほど忙しいですよね。

ここでお勧めすることは、(もしかして出来ている方もいらっしゃると思いますが、)

  • 人に任せることを覚える。
  • 業務にスキマが出来たら、定時で帰ることを習慣にする。
  • 忙しいときとそうでないときで受ける副業を分ける。

ことです。
 本ブログでは、あなたの本業ついてとやかく言うことを目的としていないので細かくは言いませんが、少しだけ説明します

人に任せることを覚える

 中堅の設計者が対象となりますが、あなたが忙しいとき、同じ部署、チームの後輩など少し手が空いている人がいることがあります。

 その時、本人と相談した後、上司と相談し、後輩にあなたの仕事をサポートしてもらうように調整するとあなたの業務負荷が軽減します。

 人に任せるよりも自分でやったほうが早いと考える人がほとんどでしょう。
 違います。
 人に任せることを覚えることで、将来的にあなたは楽になります。後輩も成長できます。

 更に言うとこの仕事を分配するスキルは、基本業務の評価は高くなります。
 なぜなら、当然管理職からすると、負荷分散は常に考えるべき課題であるから、提案してもらえることをすごくありがたく思うからです。
 そして、将来あなたがマネジメントを行う上で非常に非常に大切なスキルとなります。

 ただし、後輩に任せすぎ、まる投げはやめましょう。あくまでも程よくです。
 後、上司に相談する前に後輩と話をして後輩の状況を把握することを忘れずにしてくださいね。

業務にスキマが出来たら、定時で帰ることを習慣にする。

 残業を習慣化しないということです。(私も昔やってしまってましたが)
 緊急の仕事がないのに定時後会社に残って良いことは何もありません。

仕事のメリハリが無くなる → 定時内に仕事が終わらなくなる → 会社での評価が落ちる

という負の連鎖が、あなたの大切なスキルアップ(副業)の時間を縮めます。
 スキマが出来たら、30分早く帰るくらいから始めて、少しづつ早く帰れる体を習得してください。

忙しいときとそうでないときで受ける副業を分ける。

 私が入会している副業サイト(後で紹介します)では、たくさんの仕事の募集をしています。
 中には、時間がかかるもの、すぐ出来るもの、報酬の高いもの、低いもの

 それぞれの副業の内容とあなたの状況(時間、お金)を踏まえて受ける業務を判断してください。

関連記事


副業するためのツールがない

機械設計者の副業率が低い理由として、普段会社で使っている3D-CADや2D-CADがないため、副業が出来ないと考えている人が多くいると思います。私もそうでした。

しかし、それは間違いです。

現在では、低価格または、フリーで利用できる3D-CAD、2D-CADがたくさんあります。
この記事では簡単に紹介します。

詳しく知りたい方は下の記事を参考にしてください。

関連記事

本業で3D-CADを使われている方ならば、どんなCADでも扱えると思います。
ゆえにツールにはあまりこだわらなくてよいです。

私のように、少しでも時間を効率的に使いたい、クライアントの環境に合わせたいと考えるのであれば、FUSION360をお勧めします。

FUSION360

 なんと言ってもおすすめは、3D-CAD、CAM、CAE、レンダリング、データの管理がすべて一つのCADで出来ること。
 また、効率的な3Dモデリングを行うために必須のパラメトリック設計(履歴を持った設計)が出来ます。

 わからなかいことがあっても、AutoDeskのチュートリアルページや、参考書も充実しているため、調べればすぐに回答が見つかります。

 私が本業で使っているCAD(年間数十万円のライセンス料)と比較し見劣りしないというか、むしろこちらのほうが、、、という仕様です。

ライセンス料 ¥61,600(年間) ※無料お試し期間 30日あり

 あと、必須とは考えませんが、オートデスク認定資格プログラム試験など資格を取るのにも向いているCADです。

Autodesk(オートデスク)

FreeCAD

おすすめ出来ることは、モデリング、CAE、その他プラグインがすべて無料で更に3Dモデリングが可能です。
私が昔使っていたノートPCにインストールし使用したのですが、基本的な動作は可能でした。
3Dモデリングに加え、CAEも可能です。

ライセンス料 無料 


DESIGN SPARK

初期費用が無料のCADです。履歴のない3D-CADです。
機能を最低限に絞込んだことで一般OA用パソコンでも軽快に動作。2次元CADユーザでも非常に使いやすくなっています。

お試しに使うには十分なCADだと思います。

ライセンス料 無料 ※他CADとの連携のためのデータエクスポート、2Dは有料です。

関連記事(さらに詳しく知りたい人へ)


副業したいが、やり方が分からない

副業のやり方も人によって様々です。
コネクションがある人は、直接会社と取引するのが良いと思います。

しかし、そんな便利なコネクションのある人なんてほとんどいないと思います。
20年機械設計者をやっている私もコネクションなんてありませんでした(涙)

近年では、クラウドソーシング(インンターネット上で企業が不特定多数の人に業務を発注する業務形態)というものがあります。

登録するだけで、どんな仕事があるのか確認できます。

クラウドソーシングを扱っている会社も多数あります。
以下に、私の登録しているクラウドソーシングサイトを紹介します。

クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイトです。
ほとんどすべての職種の募集があります。
副業を始めるのであればまず登録しておくべきサイトです。

相対的に仕事の単価が低いという噂もあります。ただし、これは比較的専門スキルがなくてもこなせる仕事の場合です。

このページを閲覧しているような特化した技術を持っている人しかできない作業に関しては報酬は十分高いです。

ランサーズ

クラウドワークスよりも技術的な仕事の募集が多いです。
国内では最大手のクラウドソーシングサイトの一つなので是非登録しておくことをおすすめします。

ココナラ

クラウドワークス、ランサーズと一味違い、受けたい仕事、単価を提案し、依頼を待つシステムで副業を行うサイトです。

近年では、かなり有名になっているサイトです。ここも押さえておきたいクラウドソーシングサイトの一つです。

関連記事(もっと詳しく知りたい人はこちら)

クラウドソーシングサイトの所感

最初は、私も登録するのに迷いました。本名を入れてよいものか、同じ職場の人にわかってしまわないかなどです。(まぁ、今となっては、同じ職場の人にわかっても全く問題ないと思っていますが)

クラウドソーシングのサイトに私が疑問に思ったことと、登録後にわかったことをまとめておきます。

個人情報が公開されたりする?されません。
設定次第では公開することも可能ですが。
正確な自分の個人情報を登録することをお勧めします。
メールはたくさん来るの?一日1~2件程度です。
Gmailなどで副業用のフリーメールアドレスを取得すると
使い分けができてお勧めです。
自分の銀行口座を登録して大丈夫?大丈夫です。
ただし、自分の収支を管理しやすくするために
新しい口座を登録することをお勧めします。
確定申告は必要になるの?20万円以上稼いだ場合は必要です。
ただし、使用する副業サイト毎に自分の収支は管理できます。
そのため、そこまで時間はかからないです。

そもそも会社で副業が許可されていない

ソニー・富士通・ソフトバンク・ヤフー・みずほ銀行・ソニーなど、大企業で副業が解禁されています。
しかし、会社によっては副業が許可されていない場合があります。

以下に日本の副業に関する調査を示します。(リンクが張ってあるので詳しく知りたい方は確認してみてください)

引用 : 株式会社リクルートキャリア様

この調査によると、約3割の企業が副業を推進または容認しています。
注目するべきは、これは2018年の調査であり、前回調査(2017年)比較で、副業を容認・推進している企業は5.9ポイント上昇しているということです。

副業を解禁していない企業はもう、時代遅れに近いですね。
よっぽど支払う報酬が高ければ別ですが。。

会社から、副業を禁止されているにも関わらず、副業を行った場合、最悪解雇等も考えられます。
今の時代はマイナンバー制度になり、隠れて副業を行うことが難しくなっています。

結論 : あきらめましょう。 またはどうしても生活費が苦しい方は転職をお勧めします。

当サイトの目的は転職斡旋ではございませんので、その他サイトも参照にしてみてください。

企業が副業を認める流れは、今後さらに加速していきます。その時を待ち、自社でスキルを磨いておくこともありだと思います。


まとめ

長い記事になってしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございます。

最後にもう一度まとめますね。

機械設計者が副業しない理由と私なりの意見、対策をまとめさせていただきました。

本業が忙しく時間がない・ 人に任せることを覚える
・ 早く帰ることを習慣化する
・ 状況により受ける副業を分ける
副業するツールがない個人で使え、十分副業に耐えられる3D-CAD、2D-CADがあります。
心配しないでください
副業したいがやり方が分からないクラウドワークス、ランサーズなど
クラウドソーシングサイトに登録しましょう
会社で副業を許可していない残念ながら副業は今は、あきらめましょう。
ただし、自分のスキルは磨いておいてください。

この記事を読んでくれた機械設計者の皆様、副業しないのはもったいないです。
今の時代、ノーリスク、ハイリターンで副業を行える環境が整っています。

是非今日から始めてみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました