在宅でできる機械設計者の副業を紹介 具体的にどんな仕事があるの?

副業
この記事は約7分で読めます。

 管理人のタケです。この記事を読んで頂きありがとうございます。

 この記事では、機械設計者の副業について、在宅でできるものを中心に具体例を挙げて説明していきます。副業案件は、仕事内容、報酬、期限、難易度でまとめました。

 この記事を読むことで、機械設計者の皆さんが、副業を始めたらどのような仕事を受けるのかイメージが湧くようになります。


「よし!副業をやってみよう」と思っていただけたらこの上なくうれしいです。


中堅設計者 モデ美
中堅設計者 モデ美

副業始めたいんですけど、
仕事内容や報酬など分からないことが多くて不安です。

管理人 タケ
管理人 タケ

始めは誰もが不安だよね。
モデ美さんの不安を少しでも解消できるように具体的に機械設計者の副業について説明するね。


機械設計者が出来る副業のジャンルは複数あります。

  • 本業をそのまま副業にする
  • CADオペレーター
  • ライティングなど依頼されたテーマの記事を書く


 ここで挙げた副業は、機械設計者の皆さんであればすぐにでも実行可能なお仕事です。
 他にもたくさん副業のジャンルはあるので、自分に合った職業を見つけてみてください。

 また、うえで挙げた副業についてはすべて、クラウドソーシングサイトに募集が出ています。
 副業サイトの登録は以下からもリンクを張っておきます。

 クラウドワークス、ランサーズ、ココナラは副業をするのであれば、
最低限登録しておいてくださいね。

クラウドワークスに登録はこちら

ランサーズに登録はこちら

ココナラに登録はこちら

 大切なことは、どんなジャンルであれ、まずは副業をやってみるということです。
 その行動が、現在のあなた、将来的なあなたを大きく変えていきます。


本業の機械設計をそのまま副業にする

メリット  : 機械設計者としてスキルアップがダイレクトに出来る。
デメリット : 難易度の高い案件が多い

一番のおすすめです。なぜおすすめかと言いますと、他の記事で何度か書きましたが、

副業を通し、機械設計者としてスキルアップする

ことが、大切だからです。
 このブログを立ち上げた目的も皆さんにこの副業を選んでいただくために立ち上げました。
 本業である機械設計者の仕事をそのまま副業にすることは、スキルアップに直結するからです。

 本業よりも専門性の深度を浅くし、モデリング、CAE、CAMなど広い分野を扱うような副業を選択できるとベストです。

案件例(機械設計を副業とする場合)

例1 

仕事内容3Dプリンタで出力用の、大きめのシャボン玉を
つくるフレーム、フレームを入れるためのトレイ、
その他(4部品)の3D設計モデルの依頼
報酬不明(申告制 2~30,000円くらいと予想)
期限2週間 予測作業時間 3~5時間くらい(なれれば3時間で終わるレベル)
難易度低い 

始めはこのくらいのレベルの案件から受けると良いと思います。
このように3Dプリンターが普及した現代ではこの手の依頼がたくさんあります。

例2

仕事内容燃料用フィルターのベッセル/ハウジングの設計。
(詳細は伏せます)
報酬不明(相談の上決めるとのこと 7~10,0000円くらいと予想。もっともっと高いかも)
期限至急 予測作業時間 10~12時間くらい(または、それ以上かかる可能性あり)
難易度中~高 

 このお仕事は、私の本業から少し離れていて、やりがいのある、案件ですね。
 ある程度副業に慣れてきたら受けるのは有りの案件かと思います。

 もし、私が受けるのであれば、強度が必要な部品の設計になりますので簡単なCAE結果も添付します。これにより、次回の継続案件や、報酬アップが見込めます。

例3

仕事内容USB型ハードウェアの新規開発 
筐体、金型、基板、回路、プログラム開発の依頼
報酬 〜 5,000,000円
期限相談 予測作業時間 副業で出来ないことはないが、足掛け1年以上になりそう
難易度高 機械、電気回路の知識が必要

 この案件は、出来ないわけではないですが、副業というレベルではなさそうですね。
初級、中級者はこの案件を受けるのは難しいです。

 本業で小さな製品を一人で開発されているような方は受けることが可能だと思います。

 私がこの案件を受けるのであれば、業務を分散し、2~3人のチームメンバーを募集します。
 副業でこのような業務が受けられるようになったら本当の意味で一流の設計者ですね。

 以上、機械設計を副業にする場合の3例の副業案件を紹介しました。
「こんな仕事、自分にはできないよ」と思った案件もあるかもしれません。ほとんどの案件をそう思った人も多いのではないかと思います。

 しかし、最初はそんなものです。私もクライアントさんに今でもフォローしてもらいながら仕事をしていますし、たくさんクライアントさんに迷惑をかけてきました。

 でも、これが自分を一歩前に進めるための経験です。

 不要なプライドは捨て、クライアントさんに教えてもらうという気持ちを持つことがすごく大切です。

 その気持ちが、あなたの人生を必ず豊かにし、一流の設計者にします。


CADオペレーターを副業とする

メリット  : 手堅く収入を得ることができる。CAD以外の専門スキルはそこまで必要ない
デメリット : 機械設計者としてのスキルが必要ないため少し物足りない

 CADオペレーターと機械設計者の仕事の違いに定義はないですが、
CADの知識以外のスキルをほとんど必要としない案件をここではCADオペレーターの案件とさせていただきます

案件例 (CADオペレーターを副業とする場合)

例1

仕事内容手書きの簡単な図面をCADを使用して、画像に起こす。
報酬~10,000円
期限至急 予測作業時間 3~5時間くらい
難易度低い 

 クライアントから手書きの図面を提供してもらい、3Dモデルにする案件。
 3D-CADのオペレーションの練習に良いです。お金をもらって練習できるという意味では良い案件だと思います。

例2

仕事内容CADを用いた3Dの動画制作 (CADモデルをクライアントから提供してもらい、動きを付与した動画を作成する
報酬30秒の動画で6,000円、60秒 10,000円
期限1週間 予測作業時間 2~3時間くらい
難易度低い 

 動画を作るだけの仕事です。CADの知識を持っていれば問題なくこなせる案件だと思います。

 以上、CADオペレーターを副業にする場合の仕事案件を2例紹介しました。
 他にも歯車図面を3D化する案件など、多数の案件があります。

 3D-CADとそれを使うスキルを持っているだけで手堅く収入を得ることが出来るのがCADオペレーターの良いところです。

 ただし、CADスキルは向上しますが、機械設計者としてのスキルはそこまで必要としないため、やや物足りない感があるのでご注意ください。
とは言え、確実にあなたの収入が増えるわけですから素晴らしい副業といえます。

依頼されたテーマの記事を書く

メリット  : PC環境は最低限のものでよい。ライティング技術が身につく
デメリット : 競争率が高い。実績を積まないと低単価の案件しか受けられない。

案件例(依頼されたテーマの記事を書く場合)

仕事内容CADオペレーターに関する記事作成
報酬1文字 1.2円 1800文字
期限2週間 予測作業時間 3時間くらい
難易度低い 

 比較的高単価な記事作成案件です。

 記事のテーマに対し、専門知識がなくてもある程度の記事が書けるため、高単価な案件取得のための競争率は非常に高いです。1文字0.5円程度の記事から始めるのが一般的です。

 一方、副業を開始するときの敷居は低いため始めやすいので、何でもよいからとりあえず副業を始めてみようと思う方には向いている分野です。

 実績を積むと、クライアントからダイレクトに仕事を受託できるようになります。
この場合、文字単価は1~5円またそれ以上を見込むことも可能です。

 これだけを副業にしても月10万円以上の収入は十分見込めます。

 ライティングスキルを身に着け、自分のブログを立ち上げ、SNS等で発信し、集客、商品を売るというシステムを作り上げられればかなりの高収入を見込めます。
(かなり道は険しいですが。)

 ちなみに私の立ち上げたブログは、たぶん儲からないです。営利目的で今のところ作ってないので。
 現在の私は、機械設計者としての1流を皆さんと一緒に目指しています。


まとめ

 以上、在宅で出来る機械設計者の副業を仕事内容、報酬、期限、難易度の観点でまとめました。

 私は、いろいろ説明しましたが、

  • 本業をそのまま副業にする
  • CADオペレーター
  • ライティングなど依頼されたテーマの記事を書く

の副業すべてを時期によって使い分けています。

 機械設計の仕事を中心に、合間にライティングの案件を受けたり、気分転換にCADオペレーターの案件を受けたりしています。
 皆さんもいろいろ試してみるのもありだと思います。

 機械設計者のみなさんは、他では替えの利かない専門スキルを持っています。
 副業を始めるとき、これ以上有利なことはありません。

 どのような副業であれ、報酬が低かったとしても、まずは始めてみることが大切です。

 肩の力を抜いて、勉強させてもらうつもりで始めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました